極めて邪悪なニコニコ大百科「森本浩司とは」のデマ。

 極めて悪質なニコニコ大百科の「森本浩司とは」項のデマについて。滅茶苦茶迷惑しています。

 ニコニコ動画やyoutube に僕の本名名義で立てられている偽動画ちゃんねるアカウント群についてはこれまで下の方で書いた通りなんですが、今回はその続きです。

 一応デマな部分を列記してみますが、そもそもが、おそらく私(森本コージ(浩司)=もりもとこうじ。本名で個人作家です)に対する嫌がらせと、虚偽の流布目的で書き込みされたものと考えます。

 もう一度書きますが、私は根本的に旧2ちゃんねるの運営者やK川(2002年頃、某マンガの1コマを自分の正当性主張にUPした所、無断画像UPは最大200万円取れるぞなどと(現在はそんな事は無く引用の範囲として当然なんですが)法務部に脅迫削除要請などされ、自分がそのせいでネット社会的信用を失い長期ネット叩きを受けた事がある。以来自分はK川系の傲慢な企業姿勢を基本的に否定批判していますし、そのスタンスは今後も一切変わりません。(個々のアニメ作品は別ですが))などと関わっているニコニコ動画というネットサービスを全く信用していません。

 それゆえに私はニコニコ動画を昔から極めて疑問視しています。なのでアカウントも作る気はありません。
しかし現在、ヤフーやGoogleの検索でエゴサーチするといちいち出てきて本当に迷惑で、しかしあのデマ項を消すのにアカウントを作ったり削除依頼で写真付き身分証画像を送ると、基本彼らは敵方なので、一体どこの悪質な連中に回されて悪用されるか解らないので、一応ここでも書いておきます。

 

以下例示するニコニコ大百科上の情報は2ちゃんねらー→5ちゃんねらーの集団妄想により、彼ら乃至はその同意者による書き込みであり、該当の項目については非常に虚偽が多いです。

 

● >1967年12月24日生まれ。独身。童貞。 ←中傷
↑ 誕生日は事実ですが「童貞」というのは中傷側が流布しているだけで、そもそも現況では未確認情報にしかならないです。

  例えば中学生高校生大学生20代に童貞だという噂が流れても、それ以後そうだとは限らないし、いちいち書く事ではないです。

  自分の性経験の有無について公表する気はありません。彼らはどちらにしても嘘だというので。

  いわば以下もそうですが、侮辱書き込みなどを誘発するためだと思われます。もしくはネット市民女性に「きもい」と言わせるのが目的だと思います。

 

● >生まれてから一度も職に就いたことが無い。 ←デマ
↑ ついた事はあるので、一度もというのは虚偽でありそもそもが妄想です。

  そもそも依頼があれば受ける個人創作作家だと言いつづけているわけですし、作家活動を延々妨害し続けてきた悪質集団に言われる筋合いありません。

 

● >両親の年金に依存して生活している。小遣い稼ぎでヤフオクをやっているが、扱う商品は玩具のジャンクばかりで売れ行きは悪い。 ← 誹謗中傷。

↑ 年金に依存しているかどうかについて私がネットで発言したことはありません。

  両親と同居しているのでその辺が曖昧になる事はあるかもしれませんが。

  ヤフオクの売れ行きが悪い事についても、その妨害(生業化など)を延々し続けてきた連中に言われる筋合いはありません。

 

● >デザイナーの成田亨氏の美術教室に通っていただけなのに、 ← デマ。通っていただけではなく、当時成田氏が作っていた鬼彫刻のメインスタッフでした。
>「自分は成田亨の最後の愛弟子だ」と吹聴している。 ← 色々とデマ。
成田亨氏はウルトラQウルトラマンウルトラセブンのデザイナーであり、
その美術教室生徒(大体全部で2〜30人だと思います)の中でも大江山の鬼モニュメント(3m、2.5m、2mの3体の鬼のモニュメントです)の原型などを担当した「鬼工人」のメインスタッフである私達が弟子と名乗ってよいといわれたのは事実です。
自分以外にも、イイダ氏、タケカサ氏、サトウ氏、サカタ氏など、弟子と名乗ってよいといわれたメインスタッフはいますが、
成田氏は借家住まいだったので家に住み込みの弟子がいなかったのは事実です。

 この件の詳細については、このブログのこの項やサイトなどで説明済です。 

 

●  >〜〜ストーキングしていた過去がある。 ←中傷

 この事情については極めて複雑ですが、時期としては92年〜93年春までです。ストーカー防止の法も条例も、探偵活動の制限も法的条例的に無かった頃です。
 ですので、遡及法を禁止する法的見地に立てば、この文面は法的正統性を欠き、デマとしかいいようがありません。
 簡単にいえば、この女性漫画家団体はオ●ム真理教渋谷サテ●アンの存在する渋谷道玄坂のマンションの秘書代行でファンレターやファン向けFAXサービス、DM発送などを続けていました。

 その上で、この女性漫画家団体は、92〜93年当時世紀末オカルトの漫画を連載し、更に新書館の方では(オ●ムはインド神話密教ヨガ系のカルト宗教でしたが)インド神話をモチーフにしたコミック連載をしていて、その取材に楽だからと各編集部が容認していたようでした。インド神話系はそれ以前から少女漫画系ではブームだったし「天空戦記シュラト」などのアニメもあったのでオ●ムはそれらアニメ系も当時若年層勧誘に利用していました。

 当時の自分の考えとしては、それをやめさせたかったのが第一でした。簡単にいえば彼女らよりもそのファンであるアニメファン少女(同人イベントに行くような女子たち以下の年齢の)の身を守る事の方が自分としては優先でした。

 当時はまだオ●ムは一連の事件が発覚していませんでしたが、自分は学生当時から神秘系には興味を持っていて浪人時からオ●ム神仙の会当時のオ●ム書籍の立ち読みもした事はあったので、女性のあの辺への深入りが危険だとは思っていました。しかし、そこでK川のアニメコミック系某誌の編集長(アニメ系に全く無知な人物だった)から叱責が入りました(93年春頃)。K川に対しては84年のアニメムック本「エル●イム1」への読者オリジナルヘビ●メタルデザイン投稿以来長期投稿をしていましたし、当時その某誌(NT)の編集部には自分の親族男性のリク●ート社時代の後輩女性も入って既に仕事をしていたのですが(後に副編集長にまでなった。その編集女性にはその雑誌の編集者として91年秋に誘われた事があるけれど自分は絵描きなので断った)、彼ら的には オ●ムがどうした 知るか という感じで、ファンを心配する自分の意見や主張は、その漫画家集団にも編集部にも一切理解されませんでした。その漫画家は1993年5月頃に何か複数雑誌社がらみの記者会見イベントをやっているのですが、その時にはその秘書代行ととっくにがっつり組んでしまって引っ込みが付かなくなってしまったのだと思います。

 その後、K川社長の大麻所持による逮捕事件でK川は分裂し(当時その人の映画のコミカライズをその漫画家集団は担当していた)、自分も以降一切K川系とは連絡を取らず関係性は断絶しています。

 特に該当の女性漫画家団体はカルト宗教などやばいものがかなり好きな人々で作品にも猟奇描写が多数あったくらいなので、全く理解してもらえなかったまま現在に到っています。 

 この秘書代行は他にも「アニメファンやマニア相手の出会い系伝言BOX(0990はじまりのQ2ダイヤルです)」を運営していましたが、その女性漫画家のファンレターおくづけと同じ号室扱いであり、更にアニメ雑誌のOUT誌や18禁エロゲーム誌の「メガ●トア」などのどちらにも広告が載っていて、件の漫画家集団の各作品へのBOXもある他、友達募集BOXダイヤルまであったので、少女から当時の援交被害者が多数出た、と95年当時の同人イベントの開場前行列などでは噂になっていました。

 そこまでが大体オ●ム事件前後頃の話です。つまりオ●ム方向とその伝言BOX方向と何重かの意味で、その漫画家集団は見ていて危なっかしかったわけです(当時は。アニメファンをそういう層にむやみに近づけない意味で。例えば自分は当時既に20歳過ぎで男性だったので、例えば男性である僕自身がアダルト系や性風俗店に行こうが行くまいがそういう所に近づこうが誰も知った事ではないですが、女子や女性がそういう所に近づくのはどうなのか?という当時的にはごく普通の感覚しか僕には無かった、という事です。)。

 

 その秘書代行の漫画家団体のファンクラブおくづけ同室に当たるマンション集合ポストには「木馬座」の文字がありましたが、それは影絵作家藤城清治氏が昭和当時ケロヨンの人形劇をしていた劇団木馬座とは全く関係のないものでした(フジCXや関西テレビ系などの90年代のテレビ番組でその件はオンエアされてます)。

 で、後にオ●ムの分派で信者数3位の「ケロ●ンクラブ」という団体が出来(wiki参照)、その頃にはその木馬座のアドレスは同じ秘書代行の1109号室に移っています。(後に(いわゆる大衆向け週刊誌によると)1109号室は男性派遣型女性向けデリヘルのおくづけになっていましたが)

 その漫画家集団は、その秘書代行を2002年よりかなり後になってから使用中止したようですが、それまでのファンDM発送やFAX、また伝言ダイヤルのプレゼントなどではやはりファン少女たちの情報が秘書代行に渡っていました。

 このマンションには元々オ●ム渋谷サティアンの他にもI川会系暴●団の事務所やホンモノの性風俗店やブルセラショップや白装束のパ●ウェーブ研究所などの他新興宗教のおくづけ住所、当時まだ合ドラと言われた薬物販売店のおくづけなど(これは4Fの私書箱サービス)も存在していました。(※このマンションの4F私書箱については、振り込め特殊詐欺の根城という事で、警察庁HPに注意住所として後に掲載された)

 しかし、かなり後にオ●ム分派のケロ●ンクラブは各種犯罪で逮捕起訴などされたり神奈川県内に本拠が移ったり(某週刊誌による)していたそうです。

 自分の知人の警官(町内の警官が渋谷警察署からの転任者だった時期があった)によるとそのマンションは内部で「みかじめ」などが行われていたような所だったのだそうです。(みかじめ料受け渡し禁止が暴対法で決まったのは大体2000年前後です)・・・彼的には、警察官でも絶対一人ではあの辺には行かないし入らないと言っていました。

 

 ・・・つまり、自分がこの件を基本的に伏字などにしているのは、いずれにしてもこれらは自分が叩かれるようになってからも18年以上前の過去の事であり、事実がいくら明らかになろうが刑事事件化は既に無理であり(自分がネットで叩かれだした2002年当時はまだ時効でない件もあったようですが今はどう考えても時効多数です)・・・例えば渋谷のそのマンションに踏み込んだ警察なら知っていても必要側に情報開示をしてはくれないだろう、などの理由によるわけです。

 今からこの件での問題を煽られて、この女性漫画家団体(嫌いですが)の無知なファンを、表面的なうすっぺらな怒り(歪んだ正義感とも言いますが)で私に対する総攻撃に煽り立てられるのは極めて私周辺にとって危険極まりないのです。僕をストーカーだと言っている連中は、それを今でも煽り立てているのだと考えて下さい。

 それなりに女性漫画家団体にも「ヒロインへの猟奇殺害描写などのあった世紀末オカルト漫画」の連載長期休止やこの秘書代行から手を引くなどはあったようだし。
 元々がみかじめや宗教がらみで何があったか解らないような場所が問題の発端なので、こちらがどんな被害を受けるか解らない状態はずっと続いているのであり、だから名前を書いていない、だから延々とネットでデマや中傷の被害にあっていて、K川などのアニメコミック企業も僕の事は完全に見捨てて遠巻きに僕への袋叩きを業界が傍観しニヤニヤ祭りをし続けてきている、嫌がらせを続けている悪質な彼らの関係者もいる、だから自分の作品は業界などでネタ流用されパクられ続けてきた、業界はタダでおいしい思いをし続けてきた・・・という、それが事実で現実です。

 

 自分は例えば、2ちゃんねるでキャラクターへの性的妄想どころか現実の幼女少女の性交画像を無数に流通させていた2chさ●ら板(該当漫画家集団のファン系掲示板)などの掲示板住人連中を極めて嫌悪しているし(自分が2001年に2ちゃんを知って初めてした事はさ●ら板についての警視庁への通報だった)、私を現時点まで攻撃しているいわゆる異常系18禁同人の関係者(リョナ異常系同人誌即売会、旧アブノーマルカーニバルのスタッフサークル関係たち。都立産業貿易センターから会場貸出禁止を言われた18禁同人イベント)系は元々は、旧2ちゃんねるのさ●ら板を根城にしていたようなものなので、彼らが元々の私に対する中傷ネットリンチの主要メンバーで、こちらとしては関わりたくも無いのです。

 さ●ら板は2ちゃん=5ちゃんのいわゆる「萌え板」ですが、いわゆる幼女少女への異常趣味妄想が多い上に、一番タチが悪いのは他の魔女っ子や少女系アニメのスレッドも一つは立てていい事になっていて、つまりそこで各作品間にヒエラルキーが生じてしまっている事でした。つまり「さ●ら」がそれらの中で一番偉いという事に2ちゃん5ちゃんではなってしまう、他作品へのマウントを取ってしまうわけで、当時的にはそれも問題でした。
  中傷やデマを一般オタクがしてくるなら作家活動を続けるために反駁はしますが、極めて善良で人畜無害な肉親を抱えているこちらとしては、誰も味方はしてくれないのだから、関わりたくないのです。

 (一応書きますが、この項の上記下記の大体の件は、某省庁官僚の方々も今では知っています。彼らが確認をしてるかどうかはわかりませんが。既に連絡はしています。

  ※ 自分の親族に某閣僚氏の知人もいるが、そっちのルートはまだ頼っていない。)

 

● >コスプレ評論家の〜〜氏を脅迫し訴訟沙汰になっている。
 一切脅迫などしていません。そもそも彼らから私は訴訟を起こされていません。訴状も現時点まで一切届いていません。

 脅迫や名誉毀損や信用毀損やストーカー行為をし続けてきたのは彼らの悪質な18禁同人誌仲間やナチ軍装武器マニア仲間たちの方です。それについてはこれまでサイトやFBで書いて証明してきた通りですが。(〜〜氏はコミケ直営店で長期ナチス軍装腕章カギ十字付ナイフや猟奇風俗書籍(拷問呪術薬物死体写真集)などを販売し続けていた人物です。2009年までですが。それら販売物についてはコミケカタログの2008年末分までのカタログ内広告の販売物表記を参照。それを批判した事で自分は長期ネットリンチを彼らに受け続けています。)

 

● >フェイスブックに活動の拠点を移していたが、問題発言が多いためにアカウントを凍結されてしまった。 ←デマ
 これも、自分の本物のアカウントに対する、偽アカウントが存在し、本体と偽とを混同される形のアナログハッキングでアカウント凍結にいたったのが本当の所なので、問題発言をしていたのは、自分の文面を改竄していた偽アカウントの側のようです。
 同様の行為を私になりすました偽者による偽ブログの「倒錯性オールラウンダー」という偽ブログがしています。(本文が本当の事を書いているのに、それに全くそぐわない偽タイトルを延々と付けて閲覧者を惑乱させ続けていた)
 この件でFBに虚偽内容の削除要請をしていたのは、過去から現在までtripodなどに偽アカウントによる偽サイトを作っている須藤という人物と同じ苗字を使っていた事までは判明しています(削除要請者は須藤耕治と名乗っていたようです。下の名の読みは「こうじ」なのでしょうが、そもそもそれがなりすましのきっかけなのかそれも偽名なのかわかりません)。
 ただ、当時私はブリッグス須藤を名乗る人物の他、須藤茜という自称女子高生の固定ハンドルなど、複数の須藤名の人物に長期中傷を受けてきたので、彼らの素性は現時点わかりません。

 

 

 いずれにしても、件の「ニコニコ大百科」の「森本浩司とは」項は、これほどに内容に虚偽が多いデマばかりの項です。

 はっきり言えば彼らの勝手なデマばかりです。

 またニコニコ動画の私になりすました悪質な動画アカウントも6月頭以降、既に何ヶ月か放置されていて、この文章で私を誤解している人々もいるようですので、削除すべき悪質項であると断定します。

 

 該当のニコニコ系の項目が消えれば、僕がここで書いている事も、他人には意味解らなくなるんでしょうし、ニコニコ内のなりすましやデマ項の方を消せって事ですよね。

 

 また、私の上記ブログ記述に対する削除依頼を出そうとする側は、個人企業かプロか同人か公的機関か一般人か法的関係者か否かを一切問わず、基本的に悪質極まる削除依頼であると考えて間違いありません。その点は厳にご了承下さい。