個人的に思うこと。

 下のような事を書くと、ならおまえは性風俗とかに対して差別感情を持っているのかとか、なんだおまえは性風俗店に行った事があるのかとか言われると思うんだけど、とりあえず肉体接触型の性風俗店にはこの年になってもまだ行った事は無いです。

 で、基本的にそういう肉体接触型の性風俗に対する差別感情というのは、少なくとも風俗嬢の人達に対しては、自分は日ごろ全く意識してません。解らないので他人の話もピンと来ないし、意識しない事にした。

 自分が2年に一度くらいたまに撮影するヌード撮影系については、例えばそういうのも性風俗扱いに最近されてしまってるけど・・・政治側がそうしてしまったわけなので。元々そこまでAVのような撮影を必要とする人もしない人もいるのだし(例えば自分は動画録ったりしたことは無い)。そういう風に政治だかなんだかが決めてしまった事で、逆に撮影者として認められず屈折してしまう人達だっているわけだし。そもそも元はといえばルール上肉体接触も無いのに性風俗扱いにされてしまったジャンルなので。

 で、自分の場合はそもそも絵を描く上で必要って事が大きな動機というか・・・そもそも個人で写真撮影のモデルを頼むなんてなかなか出来ないし。例えばモデルにはAV系の人達もいるけれど、その人の中の仕事中ではちゃんと良い仕事になってるんじゃないか、っていう風に思うし。そういうモデルの人でも普通に年齢も素性も事実じゃ無いことをいう事も多分あるけれど、リアリティーの問題として、自分が必要なポーズの写真を撮らせてもらえて表現模索する必要上で助かってるわけなので差別なんかするわけ無いです。それが必要で必要充分だし。

 例えばこういう話をすると軽蔑した目を向けてくるような世の中の女性とか多いけど。でも自分は絵を描く姿勢はどんな内容であれ一生懸命描いてると思うし。撮らせてくれる人に撮らせてもらおう、ってただそれだけだよね。撮らせてくれない人のヌードを撮ろうとは一切思わない(※今後も)。撮らせてくれない女性の裸は、僕には必要ない。

 こういう風に柔軟に考えられるようになったのは自分の年齢のせいもあるかもしれない。あと、昔に比べてそういう方向で働く女性達の人権的状況がマシな可能性はある。

 でもどんなジャンルでもマシな場所も酷い場所もあると思うし、つくづく人にもよるし、結局自分の側からは女性が受けている扱いなどは見えないので、どこが良いとか駄目とかは一切僕は言えないけど。

 ・・・でもモデルやスタッフからなんとなくポリシーを感じる事もあるよね。そこだよね、結局。

 

 

(※追記: あと、例えば自分がヌード撮影から描画しているのは、美術とかアートとか(純粋芸術方向というか)そういう発想で描いているわけだし、既存のモデルしか撮影させてもらっていないけど、

   コミケで過去から販売されている同人系18禁のコスプレヌードROMとかAVというのは、コスプレイヤーに男が声をかけたり、もしくはコスプレイヤーが自ら脱いだり、でもコスプレしている各既存キャラクターの著作権元などには全く許可得ていなかったりしているわけなので・・・結局正しい意味での美術でもアートでも純粋芸術でも無いよね。方法論が近く見えるけど、販売目的で作られている、あれは別の何かなわけで。でもコミケがそういうコスプレヌードROMのブースを許可してしまっていて、それで続いている彼らの勝手に作っているジャンルというか。

   で、そういう18禁コスプレヌード系(公式に無断のモノ)はやっぱり公正なアートとしては認められようが無いわけで(版権元や、コスチュームの公式のデザイナーが許可しない限りは)、そういう方向に女子を引き込んでいくあそこの連中というのは、やっぱり間違っていると思うし。なんというかお遊びなら楽しめるんだろうけど。でも自分の努力と比較されたくは無いです。 2020_10/27 1:08)