見るのが嫌なアニメ

なんていうか、自分はクールジャパンは肯定主義だし、アニメという表現ジャンル自体は肯定しますが、

例えばアニメでも漫画でもあまりに根拠なくバトルするようなものとか、少年少女がクラスで殺し合いするとか、少女が剣で人斬りするようなそういうアニメとか、要するに暴力系のアニメやコミックって嫌いなんですね。テーマ性が薄いものは嫌いです。

あと、基本的に自分は個人活動を続けてるって事で、業界に今までかなりパクリ行為や元ネタ化行為を受けて来ましたがそういう事をやらかすアニメ会社やスタッフやそういう漫画やその編集者系列も大嫌いです。ヘドが出るほど嫌いです。

(※まぁ、自分について知ってる人はその辺は知ってるし、ほんとの意味で業界通の人達ほどその辺は同意や同情してくれたりもするんだけど; )

なんていうかやたら多いけれども。で、そういうので金儲けしてしまった連中って、会社の社長もスタッフも編集者もみんな、後に悪さをしたりするんだよね。で、それが次々発覚する。

 

でも開き直ってる連中って、彼ら自身の悪さが発覚しても、パクリとか辞めないんだよね。

 

何がひどいって悪どい企業ってのは、金儲けしたその金で、他のアニメ関連会社や出版社などを吸収合併したりする。

実はその辺が問題で。吸収合併される出版社って、その前にはとてもいいコミックとかラノベとか出していても、合併されると上の企業の駄目な編集方針やメディアミックスなどが押し付けられるから、ろくな作品を作れなくなる。

つまり駄目な大企業が買収する事で、努力して面白い作品を作ってきた会社が、駄目な作品しか作れなくなっているわけです。

で、結局大企業がマーケティングする作品は結局本社系の作品が優先、って事になっていくし。

面白いか面白くないかじゃなくて、本社系か買収された会社系か、って事が作品のアニメ化等マーケティングの優先順位になっちゃうわけね。

まぁ今でもあの会社の原作アニメってほとんどろくなもんがないんだけどさ。たまにあたった作品があるとみんな柳の下のどじょう2匹目を狙うし。

 

あとアニメ雑誌まで持ってるような出版会社だと、そこの会社内作家の原作作品を推したりするから、いわばアニメファンに対する洗脳商法みたいな方法論も使うんだけど、でもそれが結局、ファンのニーズや、ファン的若者的にこのアニメには意義があるか?ってのとかみあわなくなるじゃないですか。

 

なんていうか、全体のムーブメントが悪さやってきた連中の金儲けに加担するような結果になっていくのは、いわばアニメ業界やその周辺雑誌やネットが、「不公正」「不公平」って事になってしまうわけだから、その辺は本当に見ていて嫌気がさしてます。

 

ぶっちゃけ作品がつまらなくなるので。