更新予定。

次の作品UPについては作品は完成しているんですが、

ページを作ってからUPしようか、今のままUPしようかという事で悩んでます。

TOPページもかさんでしまったし、EXIF情報の点で横倒しになってしまったイラストも多いし、どうしようかな・・・と。

2020年五輪やパラ五輪がちゃんと開催されてたらやりたかった企画もあるんですよね・・・

そのまま予定通りやってみようかな・・・と思いつつ、モチベーションが下がっているのは否めない。

「これでモチベーション下がってるの?!」と言われると、「うん」としか答えようが無いんだけど。

 

まぁ、やれる事をやらなかったり描けるものを描かなかったりしたら後悔するので。

でも額装ページ作ったので、多分今後の発表はかなりしやすくなったかな、と。

僕の作品について、なんとなく概念的に解りやすくなったんじゃないか、などと・・・

 

多分直観的に理解できる人は理解できるんだろうけど、

理解できない人に理解してもらおうとは思ってなくて、

でも理解があまりにもされないと、Facebookみたいな状況にもなるわけだから、そこが難しい。

自分みたいな個人創作作家ってのは、作品が少数にでも売れて生計立てられれば本来それでいいわけで。

無数にいいねやコメントがあろうが、それが無ければSNSなんてあってもなくても同じでしょ?

ぶっちゃけ作品製作のログとして受注受付としてFacebookのメッセージ欄を使いたかったわけなので、

・・・FB復帰予定は無いので、別の受注受付方法を考えなきゃならないけど。

本気で発注したい人は僕のメルアドにメール出すんだろうし。

hotmail=OUTLOOLメールのサーバーは

全ヤフーメールをいつもスパム発信サーバーとしてはじいてるらしいので、他社メルアドに対して優しくなくてそこが大問題なんだが。

 

作品サイトに掲示板など置かなくたって、多くの作家も同じだから珍しくない。

別にFacebookでも同じ事で、友達表示しない作家なんかFBにすらいくらでもいるのに。

「奴のサイトには掲示板もリンクする友人もいない」などと中傷もあるわけで、わけわからない。

ぶっちゃけ僕を攻撃しているのは、僕よりもオリジナルがろくに描けない、何も作れない、わけがわからない連中ばかりで

そういうのの相手をする気はないんだけど。

 

前も描いたけど、今後描く予定、作る予定の作品群はほんとにほんとに大変で!!!!

でも割と苦労して作品を作っても、自分自身の信条に「自然体の作品」ってのもあるので・・・

自然に思われすぎると、苦労した甲斐が無い、って事にもなりかねないので、そこが悩ましいです(^^);;;

 

むしろそこが大変だからMO-Cuteの方の玩具コレクション紹介などに逃げたくなってくる、というのもある・・・

でもそっちも、どうせなら面白いのを更新したいと思ってます。

 

(※追記: でも、やっぱり絵などの作品って一枚一枚異なるテーマで、違うモチーフで、違う作品なので、

    一気に並べて見るというのは違うって気もする。すごく難しい。

    展覧会もそうだよね。一枚に何日何十日下手すると何年かけていても、展覧会で見れるのは、

    作家側の描画時間に比べるとほんの一瞬で、そりゃ理解できるわけ無いよって世界だし。

    一枚一枚なら作品として見れても、流し見したら雑に見えるって人もいるかも・・・??

    でも一枚一枚の絵(作品)の印象が伝わるほどの解像度で作品をUPしちゃったら、

    本物なんて要らないよって言い出してキャンペーンする人達だって出てくるだろうし、ほんと難しい時代。 9/28 3:53)

オークション落札の障害・・・(新しい日常?)

 ヤフオク出品を続けていて、出品者的な意見ってのは結構書くんだけど、落札者的意見も書いてみると

 例えばいわゆる地上派テレビで人気番組やブームな番組があると、そういう時には極めて落札率が落ちて困る。

 例えば視聴率10%や20%の番組があるとすると、その番組に人々が全裸待機しながら待ち焦がれて番組開始時間になるやいなやオークションサイトなんていちいち見る人はいなくなるわけで、そういう時には出品者たちはすごく悲しい思いをするんだが

 でも逆にいうとそういう時には落札側としては競争相手が減って極めてお得な思いをする事になる。

 だからそれこそtwitterだのLINEだの実況だので燃えているというレベルでないなら、録画予約して先にヤフオクなどの落札を片付けてから録画分を見た方がいいという気がする。自分の場合リアルタイム視聴にあまりこだわらないので。

 

 ていうか多分僕のように中古玩具(最近お子さん向けをあまり出品できていないんだが)をヤフオク出品している側からすると(ほんとほとんどがカード払いに消えるが)、ご家族が一緒にヤフオクみながらこれでもないあれでもないと入札を楽しんでいる状態が理想なわけで、スマホアプリ入札とかしている人達ってあまり落札者層として意識していなかった。

 で、多分そういうご家族が落札しやすい時間というのも、ここまでテレビ番組が土日平日問わずトレンドに上がってしまうと、変わってきたような気がする。

 例えば昔はウルトラ玩具やライダー玩具でも、夜の9時10時台に出品していてもかなり売れたんだけど。

 しかも最近のウルトラマンやライダーは完全に対象年齢が小学1〜2年生までになってしまって、番組が低学年対象化してきているので(※ これは本当。大人があまり本放送時玩具を追わなくなってる)出品終了時間を8時くらいにずらしてたんだが・・・

 でも、多分今はウイルス対応のテレワーク家族の事情も考えると、夕方6〜7時くらいの終了時刻が一番落札しやすい・・・というような時代になってしまった。

 テレビが面白いって、オークション出品者にとってはきついんだけどね・・・

 まぁ録画視聴している方が、良いアイテムを逃すのが減るのは、自分も同じで・・・いままでどんだけ逃したんだ自分・・・(いつも反省するんだよ・・・)

 

 ていうか、自分的には日曜深夜オンエア中のNHK「アンという少女」(こないだ書いたけど)の裏でTVK(テレビ神奈川)が昭和アニメの「銀河鉄道999」と「機動戦士ガンダム」をオンエアしているので、その裏のMXテレビの深夜アニメが多分今後録画しづらすぎる状況になる、って事で(^^);;;

 ガンダムは過去にもほぼほぼ録れてるんだけど、999は逃せないんだよなぁ・・・その辺が問題(笑)

 

肩が痛い

 ここ1週間くらい前から肩関節が痛くって。それを母に話した所

 「五十肩ヨーーー^▽^」とすっごく嬉しそうに笑っていうんだよ・・・(;;)

 ていうか、こないだ家庭事情で重量のかかる作業をした時にバランスが崩れて負荷がかかってしまった可能性が高いんだけど・・・長引かなければいいなぁ。

 ていうか肩だけじゃなくて左足かかとの痛風発作が再発しそうな気配。自分の体重以上のあまりに重い重量が一瞬かかったりすると、やっぱり多少のダメージはあるらしい。

 自分の体重自体はなんとか3kg前後減った状態ではあるんですが(僕の身長は174〜5cmだが、体重77kgくらいなのでやっぱり重い事は重い)、合成甘味料の自宅在庫の有無で変わってくる。

 今切れてるのでまた買わなきゃ。お金かかるのがイヤーだが

 

 で、手持ちの某メーカーのストラト型の桐製ギターなんだけど、あれは2.7kgなんだが、どうもこないだ店舗で手にとったギターがもっと軽いみたいで、本気で軽かったら買おうかどうしようかなと思ってる。

 なんか今は肩に余分な重量がかかるのがとても嫌なので。うそっ!!って位軽いのがあったんだよ・・・

画材入手難( - -);

 別に画材がどこも品薄とかそういうのではなくて、

 例えば油画とか、また描いてみたかったりもするんだけど、

 大体自分の持っている油絵の具とか、ほとんどが中古入手品だったりするので・・・

 で、欠落している色・・・というより、自分がそれぞれの絵で使いたい色を入手するのに

 いちいち遠くまで行かなきゃならない状況になってしまってる。

 

 自分の住んでいる東京多摩地区的には、水彩とかマーカーとかその辺はなんとかどこかの駅まで行けば買えるんだけど、

 油彩絵の具はなかなか無かったりするのです。

 八王子駅の北口側にあったような気もするんだけど、一般店舗なので行って結局買わなかったりしたら申し訳ないし・・・

 言ってみれば画材屋さんがこの辺には特に少ないわけで(豊田駅近くの、成田先生が使ってた画材屋さんも大昔に閉店してしまったし)

 まぁ、もしあったとしても油絵の具はどれもこれも高いんだけどね・・・色によっては特に

 一番行き帰りが楽な所が結局は新宿の世界堂などだったりするんだけど(新宿は下手すると往復交通費が市内移動より安い)、

 例えば色々画材を買うのにハンズに行ったりするとしてもハンズは油絵の具が無いのが普通だし

 なんていうか必要な色味に対して、ちゃんと正確な色の絵具を買うのにチャート作っていちいち持って行かなきゃならないとか。

 まぁマーカーでも水彩絵具でもだけど、割と手間かかるよね・・・

 しかもある程度持ち合わせが無いと画材屋にも行けない・・・

 僕の場合精神力より体力的モチベーションで折れるのがキツイから、結局デザイン設定などを重点に描いていると言えなくもなく。

 まぁとりあえずは手元にある画材で描いて行くつもりですが。

 (まぁ、色鉛筆とかだと100本以上あるからなぁ・・・似たような色のダブリも含めて

  マーカーでも使えるのが約90本以上あると思うし・・・あんまりゴタゴタ使ってもキリが無いんだが)

 

 何がキツいって、こちらにモチベーションがあっても、新型肺炎ウイルス問題で、

 どうにも都心まで出かけるのが心境的にキツいんだよなぁ・・・身内に感染してもやばいし・・・

 

 ネットで買えば買えるものもあると思うんですが、どれもこれも送料が高いというのは前にも書いた通りです・・・

 何より画材入手に使う体力とか・・・普段線画をコピーする時もだけど、消費される体力が本当に馬鹿にならないです。

 地の利だけじゃなく、パンデミックのせいで創作に影響してくるとは・・・時代だよね(;;)

 

 (※ やめときゃいいじゃんと言われるかもしれないけど、美大生や専門学校生にとっては、割と切実な問題かもしれないよ)

ミニギター

割とアニメでも音楽系とかバンドものが好きで、自分では全く人前での演奏もしないし他人とも演奏しないしキーボードはともかくギターはへたっぴなのであれなんですが・・・でも割と色々好きで。なんか最近 ESP×BanG Dream! Poppin'Party で正式コラボのポッピンパーティのミニギターが出たらしく。

あ・・・1/1サイズも出てるんだ・・・値段すごい(◎▽◎);;;

と思った人はミニギター、って感じらしいんだけど。でもこれかなり小さいけどちゃんと弦はって音が本格的に出るほんものらしいので、買う人はかなりいるだろうなぁ・・・と思う・・・。カワイイ(笑)!♪

こういうのって謎なのは弦が短くても音ちゃんと出るのかな・・・と思ったんだけど、出るんだなぁ。そりゃウクレレだってちゃんと鳴るんだし出るよね・・・すごい。

 

(※追: バンドリ!も割と好きだけど、ましゅまい・・・もかなり好きで。デルミンがピックアップのコイルを内職で巻いてるシーンがあまりにかわいかったとか、まぁ色々。

   そういえば、無関係の自分の話だけど、こないだ買ったセミアコースティックのギターについてメーカーに聞いてみて、ちょっと安心できたというのがあり。で、メーカー的には弦はダダリオ推奨って事らしく。で(前書いたっけこれ)近場の中古店(●●●オフ系)の店長さんは自分はダダリオしか使わないと言ってたりしたので、いつか試してみようと思ったんだけど・・・・弦切れないからなぁ・・・

  (・・・大体、中古ばかりを買ってると、前にそのギターを使ってた人が割と良い弦に張り代えてるかもしれないわけじゃないですか・・・自分が替えたからって良い音に変わってくれるという絶対的補償が無いわけです・・・)

   自然に切れても切れた弦だけしか交換しないからなぁ・・・ほぼ指で弾いてるからなぁ(ピックは持ってるよ、だけど)・・・いつ切れるんだか・・・(遠い目)

美術とかアートとかそのせめぎあい点の

 自分の作品をテスト的に額装したページを公式内に作ってみたんだけど、

 額装結果で物足りないなと思う面と、これはこれで作品になってるよと思う面と、

 両方あって。少なくとも美術的アートではあるよなと(ジャンルとしては結局現代アート系になってしまうんだろうが)、思えるかどうかは、

 やっぱりその作品がコピー可能かとか、コピー前提にしてるかとか、大量生産が可能かどうかそこを前提にしているかとか、そこは大きいと思う。

 それ以上に着想面というのが確かにあって、純粋芸術的であるか、ってのも多分結構大きいので試行策誤する事にはなるんだろうけど、

 いずれにしても、描けた作品をコピーしてみたって、大概の場合は全くカラーコピー不可能なわけで。

(スキャンはぎりぎり可能な気もするが、結局調整しなくちゃならないし、紙出力じゃなくて印画紙出力じゃなくちゃ僕の絵はどれもこれも上手く色が出てくれないのだ)

 逆にカラーコピーした結果の色味がよくて、これはこれでいいや、というもの、その色味から着想して更に塗っていく、のような事もあります。

 人形造形だってその最たるものだよね。複製可能なのかこれ、っていう。

 複製可能ならアートで複製不可能なら芸術だけど、結局の所美術作品で、

 写真段階での発表も意味が無い事ではない、ってのは・・・球体関節人形ジャンルのベルメール氏すらそうだった。

 

 でも、今回ページ作ってて思ったのは、やっぱり多分自分の作品は、人体というか、そういう所での具象抽象とか、そういう面から着想して描く場合が多いんだけど、

 見る側に、基本的に美術として作品を見る感性ってのが無いと、伝わる筈のものも伝わってくれていないのかな、と思う部分がかなりあるわけで・・・その孤独ですよね。

 例えばドールだってそうで、一応新規の球体関節人形作りページの上の方にも書いてあるけど、

 自分が作ってる人形の写真を見て、そこに映りこんでる手について、あぁこの手は作ってる人の手なんだな(ここのページの作品群を作ってる人の手なんだな)と、思ってもらえない事には、伝わるわけが無い表現ってのもあるじゃないですか。

 作り手と、所有者と、って考え方はかなりベクトルが違うわけで。思い込まれ方が違うと、勝手に思い込まれるテーマも違ってくるし、

 他人に思い込まれてる自分のコンテクスト自体が、既に間違った状態にされてきたわけだけど。

 

 あと、そこに追加した文についてだけど・・・つまり、ミロのビーナスもサモトラケのニケも、多分小学校高学年か中学校低学年で学んだりする古典芸術(彫刻芸術)だったり・・・ルネサンス期の彫刻とかもみんなそうなんだけど、その美について、例えば両腕がないから想像力を働かせられて美しく見える、という教育とかもあるとは思うんですが、つまり、両腕があるなしではなく、本体部分がちゃんと作られているからこそ、目に見えている部分の美とかがちゃんと伝わったり、そういう事を考えるわけで。

 

 多分普通のヒーロー怪獣のソフビ人形が手足のない状態でネットオークションとかに出てても、そういう事は感じないわけで、

 そういう意味ではE9 nature の絵についても、何か生命的なよろこびとか逼迫感とか、そういうのを感じてもらえるなら、それは描いた部分や作った部分がちゃんと真に迫ってる(真実に迫ってる)って事なんだろうから、正解なんだろうな、と思うわけだけど。

 そういう風に感じてもらえるかどうか、って所に到ってるかどうかが、芸術かどうかって事なのかもしれないな、と。

 真に迫った作品、って、どういう方面から真に迫ってるのか?・・・というそこですよね。

 

 別に痛々しいものを作ろうとしているわけではなくて。恩師の恩師が「人間を幸福にするようなものを作りなさい」とずっと生徒達に言っていたらしいし、そういう所は大事なんだろうなと思うんですが。

 

 でも本当は、自然体で純粋に見てもらえればそれでいいんですよね。

 感想が自分に届く事は無いと思うけれど。

雑感。

 ヤフオクで僕が出品していて売れたおもちゃに対して・・・かんたん決済で入金するのも遅ければ、品物追跡で到着後5日経っても受け取り連絡クリックを入れないような代行落札業者連中が延々落札してはこちらに迷惑をかけるので(正直、競争相手にも迷惑をかけてるのと同じ。手続きや受取クリックを渋る人に自分は売りたくない。10円や100円程度の差なら僕は取引の早い入札者の方を選ぶ)、一括でその代行落札業者が1業者で使用している10数アカウントを入札拒否リストに入れました。まぁ要は彼らが代行業者なわけですが。

 発送だってこちらが発送に定形外郵便+特定記録など使った場合は、こちらが先行出費でお金かけてるわけだから・・・・・いちいち月々に何個も支払いや受取連絡クリックを遅らされたら、こちらが次の別の落札者の発送を定形外特定記録やレターパックを使って送る費用分にも影響してしまう。

 正直こっち自身にもかなりの影響が出ているので。迷惑この上ない。

 そんなわけでまるっと入札拒否にしました。

 

(※ というか、他にも落札後に発送先情報とか決済手続きとか何にも連絡などされないまま、決済手続き締め切りの5日間過ぎてしまったような落札者も多いので、随時、落札者都合削除の上で入札不可リストに入れたりで・・・それがたてつづけなんだよね。本当悪質な連中が何かやってんのかっていう位。)

今日は・・・

今日9/21は、世界アルツハイマーデーらしい。

 

アルツハイマー病自体は本当に大変な病気で、闘病している人もその周囲の人々も、

毎日がまるで賽の河原の石積みのようだと思っている人もいると思うんだけど、

多分そんな中でも楽しい事も、病気の身内の存在を大切に思える事もたくさんあると思います。

 

例えば、アルツハイマーで1分2分前の話すら思い出せず、

今病気の身内が聞いてきた事に返事をしても、全く内容を認識できなかったり、

介護する身内との名前や関係性を思い出したり思い出せなかったり、

そんな時でも、例えば病気の身内が介護をしている身内の体調を「寒いんじゃ無いか?」とか

心配して思いやってくれる時もあったりすると思う。

まぁ逆にどうしても揉めちゃう時もあるんだろうけど、

大事な時間が長く続くように頑張っている人達は多いんじゃないだろうか。

きつい苦しいはあると思うけど、オフにする時はオフにした方が、命から何から長続きするかもしれない。

 

最近思うのは、エレキギターでもベースでも、お年寄りの近くで演奏していても優しい楽器なんじゃないかなって事で・・・

あくまでもアンプにつながない普通の生の弦の音の状態だけど、

自分の身内が寝てる脇でギター弾いててもあんまり起きたり怒ったりしないので。

子供向けのゲームを一緒にやってみても楽しいかもしれないです。

患者さんとその身内の方々が、これからも幸せな時間を過ごせますように。

見るのが嫌なアニメ

なんていうか、自分はクールジャパンは肯定主義だし、アニメという表現ジャンル自体は肯定しますが、

例えばアニメでも漫画でもあまりに根拠なくバトルするようなものとか、少年少女がクラスで殺し合いするとか、少女が剣で人斬りするようなそういうアニメとか、要するに暴力系のアニメやコミックって嫌いなんですね。テーマ性が薄いものは嫌いです。

あと、基本的に自分は個人活動を続けてるって事で、業界に今までかなりパクリ行為や元ネタ化行為を受けて来ましたがそういう事をやらかすアニメ会社やスタッフやそういう漫画やその編集者系列も大嫌いです。ヘドが出るほど嫌いです。

(※まぁ、自分について知ってる人はその辺は知ってるし、ほんとの意味で業界通の人達ほどその辺は同意や同情してくれたりもするんだけど; )

なんていうかやたら多いけれども。で、そういうので金儲けしてしまった連中って、会社の社長もスタッフも編集者もみんな、後に悪さをしたりするんだよね。で、それが次々発覚する。

 

でも開き直ってる連中って、彼ら自身の悪さが発覚しても、パクリとか辞めないんだよね。

 

何がひどいって悪どい企業ってのは、金儲けしたその金で、他のアニメ関連会社や出版社などを吸収合併したりする。

実はその辺が問題で。吸収合併される出版社って、その前にはとてもいいコミックとかラノベとか出していても、合併されると上の企業の駄目な編集方針やメディアミックスなどが押し付けられるから、ろくな作品を作れなくなる。

つまり駄目な大企業が買収する事で、努力して面白い作品を作ってきた会社が、駄目な作品しか作れなくなっているわけです。

で、結局大企業がマーケティングする作品は結局本社系の作品が優先、って事になっていくし。

面白いか面白くないかじゃなくて、本社系か買収された会社系か、って事が作品のアニメ化等マーケティングの優先順位になっちゃうわけね。

まぁ今でもあの会社の原作アニメってほとんどろくなもんがないんだけどさ。たまにあたった作品があるとみんな柳の下のどじょう2匹目を狙うし。

 

あとアニメ雑誌まで持ってるような出版会社だと、そこの会社内作家の原作作品を推したりするから、いわばアニメファンに対する洗脳商法みたいな方法論も使うんだけど、でもそれが結局、ファンのニーズや、ファン的若者的にこのアニメには意義があるか?ってのとかみあわなくなるじゃないですか。

 

なんていうか、全体のムーブメントが悪さやってきた連中の金儲けに加担するような結果になっていくのは、いわばアニメ業界やその周辺雑誌やネットが、「不公正」「不公平」って事になってしまうわけだから、その辺は本当に見ていて嫌気がさしてます。

 

ぶっちゃけ作品がつまらなくなるので。

上限とか外縁とか子供の頃からとか

 自分は大体時期的にいうとウルトラセブンの本放送当時に生まれてるので、幼児期とか少年当時はその頃の変身ヒーローブームとかスーパーロボットブームとかはもろに見ていた気がする。

 でもそこまで自分は戦闘的なものが好きってわけじゃなくドラマも見てたし、割と「奥様は魔女」とか「600万ドルの男」とか「バイオニックジェミー」などの海外ドラマも幼児期から好きだった。多分そういうのってほとんど自分にとっては三歳児の魂100歳までというか、自分の血肉どころか骨そのものになってしまってる気がします。

 

 ロボットキャラなどを描くのも・・・でも最近それほど巨大ロボみたいなキャラを描く事はそんなに多くないのではと思ってるが・・・やっぱり「マジンガーZ」の主人公が兜甲児で、自分と下の名前の読みが同じだったのもあるのかなとは思ったんだけど・・・うーん、それほど意識してはいなかったんだけどなぁ・・・(グレートも好きだしなぁ、他にも好きなロボット一杯あったと思うし)

 セブンのダン隊員の役をしてたのも森次浩司氏(←昔はこういう風に筆記)だったけれど、そこまで意識していた・・・のだろうか、うーん・・・

 

 でもいずれにしてもそういうSFとか宇宙人とかロボット型の生命体っていうイメージは、自己表現をしていく上のモチーフとして自分が一番素で表現しやすい方法論なんだと思います。でも女の人の絵とかも描くけど。要は身体性ってのに割とモチベーションを喚起されるんだなぁと思います。概念的な身体でも具象的な身体でも。

 

 でも自分の本領は精神性の表現だと思ってるので。そういうモチーフを使って精神性を表現してきたと思ってるので。まぁ多分文筆でもコミックでも同様だけど。資本面で個人でやってるのでその点でどうにもならない事が多いが、逆に言うと問題はそこだけで。

 

 僕のやってる事それぞれの表現を全部出来る、って人は多分ほぼいないって思うんだよね。

 出来るって人は、多分僕のやっている表現の目的とか何を僕が表現しているのか自体を勘違いしているからそういう事を言うんだよ。

 それぞれのジャンル表現でも割と限度っぽい事をやってるから、各ジャンルなら出来る人がいる事はいても、全体から見ると少ないだろうし。上限とか本質とか核心とか革新とか中道とか外縁とか・・・頑張りたいよね、これからも。

 でもまぁ、自然体で。そこも大事なわけで。 

 

 そういう表現活動は今後も続けていきます。